商船三井/中部電力向け新造LNG船の共同保有に合意

2014年05月16日 

商船三井は5月16日、中部電力によるLNG船保有会社への出資参画の決定を受け、中部電力も含めた3社でLNG船を共同保有することになったと発表した。

<LNG船イメージ>
20140516mol 515x208 - 商船三井/中部電力向け新造LNG船の共同保有に合意

LNG船保有会社の発行株式の内、商船三井から30%、三菱商事から10%、計40%の株式を中部電力に譲渡する。なお、実際の譲渡時期は、本船の竣工後を予定している。

中部電力が主に豪州から調達するLNGの輸送を目的に、2012年5月に三菱商事と折半出資で、LNG船保有会社Trans Pacific Shipping 2を設立し、2012年10月に中部電力との間で長期定期貸船契約を締結している。

■定期貸船契約の概要
船種:Trans Pacific Shipping 2 Ltd.
傭船者:中部電力または同社子会社
傭船期間:2019年頃~(約20年間)
LNG船の概要
船舶管理:商船三井
竣工予定:2014年12月
船舶建造者:三菱重工業
船型:連続タンクカバー型船(「さやえんどう」船型)
タンク容量:約15万3000立方メートル

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集