NICT/倉庫内の作業員・フォークリフトをリアルに動線を可視化

2014年05月27日 

独立行政法人情報通信研究機構(以下:NICT)は5月26日、UWBを活用した高精度の屋内測位システムを開発したと発表した。

リアルタイムで数10cm程度の高精度で位置測定ができ、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末と組み合わせることで、物流倉庫に設置し、作業員やフォークリフト等の動線把握による作業効率と安全性向上のための実証実験を行っている。

<倉庫での実証実験>
20140527uwb

実証実験では、 物流倉庫での作業効率と安全性の向上として、作業員とフォークリフトの動線の可視化を行い、ノースポート・モールとセイノー情報サービスの船橋物流センターの協力を得て実施している。

物流倉庫では、作業員の作業着ポケットの中に移動機(タグ)を入れて、あるいは作業用フォークリフト上に移動機(タグ)を固定させることで、作業員やフォークリフトの動線を可視化するシステムを構築した。

収集した動線データを解析することによって、作業の効率化や安全性の向上に役立てることが期待されている。

音声による読上げと音声入力ができるため、視覚障がい者の歩行支援などへの活用が期待されている。

UWBを用いた屋内測位システムは、10cm程度の精度で位置測定することができ、今回開発したUWB(7.25-10.25 GHz)を利用した高精度の屋内測位システムは、UWBの測定距離を増大させる技術を取り入れることによって、固定機の数を減少させることが可能となった。

また、利用者が携帯しやすいようUWB移動機として、スマートフォンに連結した形状の端末や作業ポケットに入れられる小型端末などを開発した。

最新ニュース

物流用語集