デンソー/メキシコの生産拡充

2014年07月01日 

デンソーは7月1日、メキシコの生産拠点、デンソー・メキシコ社(DNMX)のアポダカ工場を拡張すると発表した。

北米における自動車生産の拡大に対応するためで、工場拡張の投資額は約53.8億円。トランスミッション用部品の製造ラインを新設し、2015年12月から生産する。

アポダカ工場は、1996年からメーター、空調制御パネル、可変カムタイミング(VCT)システムを生産し、アポダカ工場以外にも、ヌエボ・レオン州グアダルーペ市、グアナファト州シラオ市に工場があり、センサー類、カーエアコン、ラジエーターなどを生産している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集