JX日鉱日石エネルギー/燃料電池自動車の水素供給体制構築で新会社

2014年07月16日 

JX日鉱日石エネルギーは7月16日、2014年度に販売が始まる燃料電池自動車への水素供給体制構築の一環として、10月1日付で「ENEOS水素サプライ&サービス」を設立すると発表した。

燃料電池自動車の普及初期における効率的な水素供給、空地の少ない都心部での水素供給を行う手段の一つとして、水素供給を単独で行う固定式ステーションと水素の需要場所に移動可能なステーションを柔軟に展開する必要があると考え、事業を推進する新会社を設立する。

新会社は、JX日鉱日石エネルギーからの委託を受けて、単独型ステーションと移動式ステーションの運営、水素の製造出荷設備の運営、水素配送等の関連業務を担う。

SS一体型ステーションの運営については、現行のSS運営者が実施する。

■新会社の概要
社名:ENEOS水素サプライ&サービス
所在地:本社:東京都千代田区大手町2-6-3
水素製造出荷センター:神奈川県横浜市中区
設立年月日:2014年10月1日
資本金:3000万円(JX日鉱日石エネルギー100%出資)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集