タカラスタンダード/新東北物流センター竣工

2014年08月04日 

タカラスタンダードは7月31日、宮城県名取市の東北物流センターの敷地内に延床面積約5000坪の新物流センターを竣工した。

<新東北物流センター>
20140804takaras

間口60m、奥行50m、高さ31mの5階建てで、屋上に最大214kWの発電容量を持つ太陽光発電設備を設置している。

搬送設備はエレベータに加えパレット品用の垂直搬送機3基、ケース品用昇降機・入出庫ライン、保管設備として16列120パレット収納可能な移動式ラックを備えている。

東北自動車道仙台南インターから車で1分の場所に位置し、宮城県、青森県、岩手県、秋田県、山形県の配送を担う。

東北地方の復興需要に対応するために物流能力の増強を図り、従来の2倍以上の保管能力を備えた新物流センターとなった。

建物のデザインは周辺の“流通センターエリア”が明るく、活気ある街になるような景観を心掛けつつ、ポイントでコーポレートカラーであるブルーを用いることにより企業イメージを表現している。

今後も新東北物流センターを拠点とし、東北地方への住宅設備機器を安定的に供給するため、より一層のサービス充実を目指す、としている。

■新東北物流センター
所在地:宮城県名取市高舘熊野堂字余方上5-11
規模構造:鉄骨造、地上5階建
延床面積:4978坪

最新ニュース

物流用語集