大日本印刷/UHF帯ICタグの電波干渉を防ぐシールドロールカーテン

2014年09月09日 

大日本印刷(DNP)は9月9日、「UHF帯RFID対応シールドロールカーテン」を発売すると発表した。

<UHF帯RFID対応シールドロールカーテンを設置した様子>
UHF帯RFID対応シールドロールカーテンを設置した様子

<シールド不要時には上部にカーテンが巻き取られる>
シールド不要時には上部にカーテンが巻き取られる

UHF帯ICタグ(RFID)を使用する物流現場や生産現場で、近くにある対象外のICタグの誤読を防ぐもので、不要な時は巻き取って格納できる電動ロールスクリーンタイプ。物や人の流れを阻害することなく正確にICタグの読み取りを行うことができる。

設置することで、リーダーライターの読取エリアを制限し、対象とするICタグだけを読み取るため、誤読を防止する。必要がない時は、自動でシートを巻き取って格納するため、物や人の流れを妨げない。

標準仕様(サイズ:2600×3000mm、巻取りスピード:約20cm/秒)をもとに、現場のニーズにあわせて、シートのサイズや巻取りスピードをカスタマイズして提供する。

1セット50万円からで、設置費用は別途必要。今後、2014年度20セットの販売を目指す。

DNPは、この製品をUHF帯ICタグシステムの一環として展開し、UHF帯ICタグシステム全体で、2016年度までで5億円の売上を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集