LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本ロジスティクスファンド/物流施設2物件を140億円で譲渡

2014年09月11日/物流施設

日本ロジスティクスファンドと資産運用会社の三井物産ロジスティクス・パートナーズは9月11日、物流施設2物件を譲渡し貸借を解消したと発表した。

譲渡先はジャパンロジスティクスⅡ特定目的会社で、物件は「船橋西浦物流センターⅡ」と「横須賀物流センター」。譲渡予定価額は2物件で140億円。

不動産マーケットの動向を見据えたポートフォリオ運営や個別物件の特性を総合的に勘案し、「船橋西浦物流センターⅡ」と「横須賀物流センター」を譲渡することにしたもの。

譲渡代金は、新規取得資産の取得資金とこれに関連する取得費用の一部と借入金の返済に充当する予定。

■譲渡予定資産
「船橋西浦物流センターⅡ」
所在地:千葉県船橋市西浦3-8-1
取得価額:93億3000万円
面積:3万9686㎡
建築時期:1985年12月26日他
構造/階数:鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき5階建
延床面積:7万3880.92㎡
総賃貸可能面積:7万3859.32㎡
用途:倉庫

「横須賀物流センター」
所在地:神奈川県横須賀市夏島町2873-17
取得価額:33億500万円
面積:1万1790.09㎡
建築時期:1990年7月31日
構造/階数:鉄骨造亜鉛メッキ鋼板ぶき5階建
延床面積:2万1364.11㎡
総賃貸可能面積:2万1234.51㎡
用途:倉庫・事務所

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース