日本トレクス/各社大型トラックで改善対策届出

2014年09月12日 

日本トレクスは9月12日、国土交通省に改善対策を届出した。

不具合の部分は油圧ホース。

ウイングボディに架装したトラックで、荷台のウイングを開閉するための油圧ホースの配索が不適切なため、ウイングの開閉により油圧ホースがウイングボディの枠に接触するものがある。

そのままの状態で使用を続けると、油圧ホースが摩耗し、最悪の場合、作動油が漏れ、開いているウイングが意図せず閉まるおそれがある。

全車両、油圧ホースガイドを取付け油圧ホースの配索を変更する。また、油圧ホースを点検し摩耗などがある場合は交換する。

対象車の台数は計674台。不具合の件数は3件、事故はない。

■型式等は下記URLを参照。
http://www.mlit.go.jp/common/001054555.pdf

最新ニュース

物流用語集