LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ユナイテッド・アーバン/東扇島の物流施設、83億円で取得

2014年09月30日/物流施設

ユナイテッド・アーバン投資法人は9月30日、資産の運用を委託する資産運用会社のジャパン・リート・アドバイザーズが、神奈川県川崎市の倉庫「ロジスティクス東扇島」を10月2日に取得すると発表した。

<ロジスティクス東扇島>
20140930united1 500x329 - ユナイテッド・アーバン/東扇島の物流施設、83億円で取得

<位置図>
20140930united2 500x503 - ユナイテッド・アーバン/東扇島の物流施設、83億円で取得

取得先はジェイ・レップ・Lで、取得予定価格は83億円。

建物は、地上4階建、延床面積 4万1949㎡の大規模物流施設で有効天井高 5.7~5.8m、床荷重 1.5t/㎡、柱間隔 10.4m×11mとハード面における高いスペックを有している。

1階部分に50台分のトラックバースを、施設内に荷物用エレベータと垂直搬送機を各4基有し、テナントによる効率的なオペレーションを可能とする汎用性を備えた物流施設。この他、敷地内には従業員用に約 160台分の乗用車用駐車場スペースが確保されている。

テナントは2社に賃貸されており、配送拠点として優位性のある立地を誇る物流施設に対する需要は継続すると考えられることから、今後も安定した運用が期待されるとしている。

取得の理由を立地面では、首都高速湾岸線の東扇島インターチェンジの近傍に位置し、湾岸線を経由して羽田空港や横浜港、東京港等の複数の物流インフラへのアクセスが可能。

産業道路や第一京浜等の複数の幹線道路が利用可能であることから東京・横浜・川崎の一大消費地への配送拠点としてポテンシャルの高い地域としている。

さらに、2018年度には新たに東扇島と対岸の水江町とを結ぶ川崎港臨港道路東扇島水江町線が開通予定であり、各幹線道路や川崎・横浜の内陸方面へのアクセスは一層向上する見込み。

なお、ユナイテッド・アーバンによる物流施設への投資事例は「リリカラ東北」に次ぐ2例目となる。

■取得物件の概要
名称:ロジスティクス東扇島
所在地:神奈川県川崎市川崎区東扇島3-3、4-2・5~7、6-4・28
面積:土地2万8351.30㎡、建物4万1949.12㎡
構造・規模:鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき4階建
建築時期:2008年5月
テナントの総数:2
賃貸可能面積:4万2113.83㎡
賃貸契約面積:4万2113.83㎡
稼働率:100%

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース