野村不動産/さいたま市岩槻区に物流施設の開発用地取得

2014年10月14日 

野村不動産は10月14日、物流施設事業「Landport」で、さいたま市岩槻区に「(仮称)Landport 岩槻」の開発用地を取得したと発表した。

<外観イメージ>
外観イメージ

開発用地は、東北自動車道岩槻ICから約6kmの距離にあり、高速道路へのスムーズなアクセスが可能であることに加え、岩槻IC周辺では希少な北部工業団地内に立地しており、24時間の物流業務が可能な環境となっている。

計画建物は3階建・延床面積約7300坪を想定しており、温度帯対応や床荷重の変更など、荷主・テナントの要望を反映可能な施設計画としている。

また、施設内ワーカーへ配慮したアメニティスペースや、環境への配慮とテナントのランニングコスト削減のため倉庫内を含めた全館 LED 照明の採用などを計画している。

着工は2015年秋、竣工は2016年夏を予定している。

<広域図>
広域図

さいたま市岩槻区は、都心から約30km圏内に位置し、東北自動車道や国道16号線等の幹線道路を利用することで、埼玉県内だけでなく首都圏と東日本全域への広域配送が可能なエリア。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集