VCE/EMCのグループ企業として、成長とイノベーションを推進

2014年10月27日 

EMC、シスコ、VCEは10月24日、VCEが 2014年第4四半期中を目途に、EMCのグループ企業となると発表した。

シスコとVMwareは、戦略的パートナーと投資家としてのそれぞれの立場を維持し、シスコはVCEの約10%の持分を保有する。

VCEは、ハイブリッド クラウドの実装・展開の簡略化、包括的なコンバージド インフラストラクチャ製品群の提供、独自のイノベーションと専門知識の多種多様なハイブリッド クラウド ソリューションへの適用に引き続き注力する。

今後、シスコ、EMC、VMwareの最先端のベスト オブ ブリードのテクノロジーを独占的に搭載したVblockシステムを基盤とした新しいソリューションの開発・展開を継続していく。

シスコ、EMC、VMwareから包括的なサポートを引き続き得ながら、新しい事業体制でビジネスを展開する。

EMCファミリーの一企業として、CEOのプラビーン・アッキラージュによる現経営陣がリーダーシップを維持し、現行のミッション、運営趣意、組織構造を引き続き踏襲していく。

シスコ、EMC、VCEは、3社間で締結しているエンジニアリング、再販、サポートに関する複数年の契約を通じて、引き続きVCEの顧客を支援する。VCEは、EMCグループの一企業として、複数の最先端テクノロジーの統合ポイントとして機能する。

VCEは、業界で最も成功しているジョイント ベンチャーのひとつ。VCEは、コンバージド インフラストラクチャの先駆者として、その有効性の実証を、過去に類を見ないスピードとスケールで実現し、業界のリーディング企業の地位を確立。

EMC、シスコ、VCEは、EMCへの事業移管が、VCEの事業拡大、イノベーション、持続的成長をさらに推進する最適な事業モデルとなると確信し、今回の決定に至ったもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集