LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日通/積合せ運賃・料金を9.7%値上げ

2014年10月30日/SCM・経営

  • 関連キーワード
  • 運賃

日本通運は10月30日、一般貨物自動車運送事業の積合せ運賃・料金(積合せ届出運賃)と運賃料金適用方を11月1日に改定すると発表した。

全国の全ての貨物を対象に、9.7%の値上げ。

運賃料金適用方では、輸送距離の計算では着地を「最寄りの営業所」から「貨物の着地」に改定。実費負担では館内配送料、離島への配送料を新設している。

同社は1990年に、貨物自動車運送に関わる各種法改正に基づき、旧運輸省が同年に認可した運賃・料金と同内容をもって「積合せ届出運賃」として届け出、その後適宜改定を実施し、現在は2011年に届け出した運賃を適用している。

しかし、労働力人口の減少による人手不足の顕在化など、さまざまなコストアップ要因が発生し、物流業界を取り巻く経営環境はますます厳しい状況になったことから、改定することにしたもの。

積合せ届出運賃の改定を機に、引き続き日通が強みとするグローバルネットワークと鉄道、航空、海上輸送等のあらゆる輸送モードを活用した効率的な輸配送、保管、流通加工など一貫したロジスティクスサービスで顧客の物流ニーズに応え、トータルの物流コストの削減を実現していく。

国土交通省には11月4日に届け出る。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース