SGHD/エコ絵画コンクールの入賞52点決定

2014年11月10日 

SGホールディングスは11月10日、小学生対象の環境絵画コンクール「第1回SGホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール 2014」の入賞作品を発表した。

<環境大臣賞(高学年の部)埼玉県 鶴田 雅也さん(4年)「リサイクルの木」>
20141110sghd1 500x352 - SGHD/エコ絵画コンクールの入賞52点決定

<環境大臣賞(低学年の部)東京都 鈴木 逸太さん(2年)「ねがいをはこぶ ちきゅう」>
20141110sghd2 500x357 - SGHD/エコ絵画コンクールの入賞52点決定

<ラッピングトラックイメージ>
20141110sghd3 500x124 - SGHD/エコ絵画コンクールの入賞52点決定

作品は、小学1~3年生を対象にした「低学年の部」と、4~6年生を対象にした「高学年の部」に分けて募集。応募総数2599点の中から、各部門の最優秀作品にあたる「環境大臣賞」、「優秀作品賞」、「佳作」 のほか、コンクールの特別審査員、さかなクンが選定した「さかなクン特別賞」を含む、全52点が決定した。

「環境大臣賞」、「優秀作品賞」、「さかなクン特別賞」の受賞作品は、2014年12月に東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ 2014」のSGHDグループブース内に展示されるとともに、「環境大臣賞」受賞者については会場で表彰式を実施する。

11月10日から名古屋で「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催されることを受け、環境活動の一環として環境省の後援を得て実施した。

「大切にしたい、ぼくたち、わたしたちの地球」をテーマに、次世代を担う子どもたちに絵画の創作を通じて環境保全について考えるとともに、楽しみながら環境意識の向上につなげる機会を目的としている。

受賞作品は、佐川急便のトラックのラッピングデザインとして採用され、配送する荷物とともに、期間限定で主要都市を中心に走行する予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集