LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

GLP/岡山県総社市の物流施設着工へ

2014年11月11日/物流施設

グローバル・ロジスティック・プロパティーズは11月11日、岡山県総社市で大型物流施設「GLP岡山総社Ⅱ」の起工式を行った。

<GLP岡山総社Ⅱ完成イメージ(右)、左はGLP岡山総社Ⅰ(竣工済)>
20141111glp1 500x253 - GLP/岡山県総社市の物流施設着工へ

20141111glp2 - GLP/岡山県総社市の物流施設着工へ

20141111glp3 - GLP/岡山県総社市の物流施設着工へ

GLP岡山総社Ⅱは、延床面積約7万8100㎡の5階建てマルチテナント型先進的物流施設。

<広域地図>
20141111glp2 - GLP/岡山県総社市の物流施設着工へ

免震構造やバックアップ電源など、有事の際の入居企業の事業継続性を確保する数々の装備を採用する計画。また、売店や喫煙室を配備するなど、職場環境にも配慮した施設設計となっている。

<地域詳細地図>
20141111glp3 - GLP/岡山県総社市の物流施設着工へ

GLPの帖佐義之社長は、「GLP岡山総社ⅡはGLPにとって、岡山県で4件目の物流施設。岡山自動車道の岡山総社ICに至近で、非常に利便性が高く、総社市街地に近いため雇用の確保も容易で、物流立地として注目されている。このような理想的な条件を兼ね備えた場所に、2013年2月に竣工したGLP岡山総社Ⅰと合わせて、延床面積約15万6000㎡にものぼる先進的物流施設を建設できることを、喜ばしく思っている」と述べた。

なお、「GLP岡山総社Ⅱ」は、GLPとCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)が2011年8月に50%対50%で立ち上げた合弁事業、GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーの日本での12件目の開発物件。

■施設概要
施設名称:GLP岡山総社Ⅱ
所在地:岡山県総社市長良4-1
敷地面積:約3万3100㎡
延床面積:約7万8100㎡
賃貸可能面積:約6万3300㎡
着工:2014年11月
竣工:2015年10月(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース