アルフレッサHD/沖縄に1.1万平方米の物流センター竣工

2014年11月21日 

アルフレッサホールディングスは11月21日、子会社の琉薬の本社・物流センターを竣工したと発表した。

<琉薬 本社・物流センター外観>
琉薬 本社・物流センター外観

琉薬は、本社機能の強化・充実をはかり、正確・確実に安心・安全な医薬品を供給するとともに、物流業務の効率化によるローコスト運営を一層推進するため、沖縄県浦添市に本社・物流センターを竣工したもの。

稼働開始は2015年1月5日。

センターは、出荷仕分ソーターや垂直搬送機などの導入により、入出荷と品揃え管理の一層の正確性と効率の向上を実現する。

これに加え保冷庫スペースの拡張などにより温度管理を含めた物流機能の高度化を図る。

物流業務の効率化による生産性の向上や、LED照明の採用と氷蓄熱空調設備などのエコ対応設備の導入により、地球環境に配慮した効率的でスムーズな運用を実現する。

耐震構造による地震対策や自家発電装置を用いた停電時対策などを導入し、災害時にも安定供給できる体制を整えている。非接触カードキーや各種センサーの導入などにより、セキュリティ機能も強化する。

■概要
名称:琉薬 本社・物流センター
所在地:沖縄県浦添市牧港5-6-5
敷地面積:1万259㎡
建築敷地面積:3407㎡
延床面積:1万1063㎡
構造:鉄骨造4階建
保管品目:最大約1万6000品目

最新ニュース

物流用語集