インフォテリア/東工大の学生、理解度・生産性・満足度を飛躍的に改善

2015年02月04日 

インフォテリアは、東京工業大学工学部電気電子工学科の授業において取り組んでいる、スマートデバイスを活用したアクティブラーニング(課題解決型の能動的学修)の有効性・実用化に関する報告書を公開した。

文部科学省が推進する「アクティブラーニング」について教育現場で様々な試行がされており、現場教師からの実施方法や実施効果について教育現場での生の情報が求められている。

東京工業大学の千葉教授は、昨年4月より電気電子工学科で、モバイル向けコンテンツ管理(MCM)システム市場において市場シェアNo.1を獲得している「Handbook(ハンドブック)」搭載の学生個人のスマートデバイスを活用し、大人数の授業での「アクティブラーニング」を試行してきた。

今回の取り組みを定性的・定量的の両方の視点で検証した結果、学生の理解度、生産性、満足度の飛躍的な改善と、クラス全体の成績の向上などアクティブラーニングの有効性・実用性を確認した。

今回の報告書を執筆した東京工業大学 電気電子工学科 千葉教授は、「アクティブラーニングへの取り組みを通じた教育品質の向上は、試行段階であり、授業毎に必要なアンケート結果、試験結果を確認し、学生の意見を汲取り、最適なアクティブラーニングの手法を見いだしていくことが今後とも必要であると実感しています。本レポート公開によりアクティブラーニングを試行する教員に広くお読みいただき、教育品質の向上、学力の向上に役立てていただきたい。」と述べている。

■スマートデバイスを活用したアクティブラーニング(課題解決型の能動的学修)の
 有効性・実用化に関する報告書
https://handbook.jp/whitepaper/wp_activelearning-tokyotech

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集