富士通システムズ・イースト/クラウド型倉庫管理システムをタイで提供

富士通システムズ・イーストは2月から、クラウド型の倉庫管理システム「FUJITSU Enterprise Application Logifit WS Cloud Basic for WMS」のサービス提供をタイで本格開始した。

<「FUJITSU Enterprise Application Logifit WS Cloud Basic for WMS」の概念図>
20150210fujitsu 500x824 - 富士通システムズ・イースト/クラウド型倉庫管理システムをタイで提供

在庫管理業務に必要とされる基本機能をクラウドシステムで提供するもので、新規に倉庫業務を開始したい、現状手作業で行っている倉庫業務の効率化や作業品質を向上させたいなど、スモールスタートでシステム利用を始めたいといったニーズのある顧客に適しているという。

契約・導入・運用サポートサービスは、富士通のタイ拠点会社である FUJITSU SYSTEMS BUSINESS (THAILAND)から提供する。

導入にあたっては英語だけでなく日本語、タイ語でのサービス提供が可能となっている。

日本からタイへ進出している、または進出を予定している日系企業をターゲットとし、順次現地企業へもサービス適用を拡大していく予定だ。さらに、今後はASEAN各国での展開を計画している。

問い合わせ
富士通システムズ・イースト
第三流通ソリューション本部 卸・運輸事業部 運輸ソリューション部
TEL:03-5977-5337

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集