構造計画研究所/SCMの支援ツール構築等で講演

構造計画研究所は3月5日、MASカンファレンス2015を開催し、防衛大学校の生天目(なまため)章教授による「SCMの支援ツールの構築」等の特別講演を行う。

20150220mas - 構造計画研究所/SCMの支援ツール構築等で講演

生天目教授の講演テーマはマルチエージェントシステムの産業への応用 ~サプライチェーンを中心に~。

サプライ・チェーン・マネジメント(SCM)は、部品や製品の調達・生産・保管・輸送・販売に関わる多数の関係者の意思決定や調整などの諸活動を効率的に行うことを目的とする。また、日々のオペレーションだけでなく、需要やリードタイムの突然の変化、想定外のアクシデントや洪水などの災害リスクなにも迅速に対処する必要がある。

講演では、マルチエージェントモデルに基づくSCMの支援ツールの構築について解説する。 また、artisoc上(人間同士の相互作用をコンピュータ上で再現することでダイナミックに変化する社会現象を分析する社会シミュレータ)での実装例についても紹介する。

なお、マルチエージェント・シミュレーション(MAS)は、複数のエージェントに同時進行的に各々のルールを実行させ、 それらが相互作用することで現れる社会的なふるまいを分析するためのシミュレーション手法の1つ。

特別講演に続いて、3月6日には、コンペティションの部を開催し、artisocを利用している研究者に自由なテーマで最新の研究成果を発表する。

■開催概要
3月5日(木) MASカンファレンス2015
13:30~17:10 (開場13:00 ~)

3月6日(金) 第15回MASコンペティション
10:00~18:00
会場:中野セントラルパークサウスコングレスクエアナカノコンベンションホール
アクセス:東京都中野区中野4-10-2
参加費:無料
申し込み締め切り:2月27日

■詳細・申し込み
http://mas.kke.co.jp/modules/tinyd3/index.php?id=19

■講演の部:3月5日(木) 13:30~17:10 
13:35 ~ 14:25
「日本における社会シミュレーションの普及~20年の活動を振り返り~」
構造計画研究所
常務執行役員 木村 香代子

14:35 ~ 15:35
「マルチエージェントシステムの産業への応用 ~サプライチェーンを中心に~」
防衛大学校
生天目 章教授

15:45 ~ 17:00
「再生医療における予測技術の重要性 ~細胞挙動シミュレータの活用~」
大阪大学大学院
紀ノ岡 正博教授

問い合わせ
構造計画研究所 第15回MASコンペティション事務局
TEL 03-5342-1125
mascompetition15@kke.co.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集