商船三井/船隊整備で2万TEU型コンテナ船6隻を調達

2015年03月02日 

商船三井は3月2日、サムスン重工業と、2万TEU型コンテナ船4隻の建造に関する造船契約を締結したと発表した。

今治造船で建造予定の2万TEU型コンテナ船2隻に関して、正栄汽船と長期傭船に関する基本条件に合意したと発表した。

6隻は全て2017年に竣工し、アジア~欧州航路へ投入される予定。

2万TEU型は現在就航中および発注済みのコンテナ船では世界最大となる。この船は、各種最新の省燃費技術を導入予定で、現在商船三井が運航している1万4000TEU型船に比べ、一段の低燃費化とコスト削減を実現。

将来のLNG燃料普及に備え、主機関はLNG燃料対応への改造を踏まえた仕様としている。

■主要目
建造造船所:サムスン重工業
全長:400.0m
全幅:58.8m
計画喫水:14.5m
満載喫水:16.0m
積載コンテナ数:2万150TEU
主機関:MAN B&W G95ME

建造造船所:今治造船所
全長:400.0m
全幅:58.5m
計画喫水:14.5m
満載喫水:16.0m
積載コンテナ数:2万150TEU
主機関:MAN B&W G95ME

最新ニュース

物流用語集