LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

国交省/大型コンテナ船折損事故の原因推定と再発防止策発表

2015年03月03日/国際

国土交通省は3月3日、2013年6月に発生した大型コンテナ運搬船「MOL COMFORT 号」(バハマ船籍、商船三井運航)の折損事故について、検討委員会の最終報告書を受け事故原因の推定と再発防止策について発表した。

国土交通省海事局が、有識者と業界関係者で構成する「コンテナ運搬船安全対策検討委員会」を2013年8月に設置し、大型コンテナ運搬船の今後の安全対策のあり方について検討してきたもの。

事故原因の推定では、事故時の状況を詳細に解析したところ、従来の安全基準では十分に考慮されていなかった「波の衝撃で生じる船体振動による力」のため船体に加わる力が増大し、また、「横方向から船体に加わる力の影響」により船体強度が低下した。

その結果、船体に加わる力が船体強度を上回り、折損に至ったと推定した。

再発防止策では、船舶の安全基準として、大型コンテナ船を対象に、「波の衝撃で生じる船体振動による力」及び「横方向から船体に加わる力の影響」にも耐えられる船体強度とすることを義務づける。また、国際的にも同様の対策が必要なため、国際海事機関(IMO)と検査機関の国際団体に対策の実施を働きかける、としている。

■検討委員会の最終報告書
http://www.mlit.go.jp/common/001081291.pdf

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース