野村不動産/厚木に3.9万m2の物流拠点竣工、満床稼働

2015年03月03日 

野村不動産は3月3日、野村不動産投資顧問がアセット・アドバイザー、野村不動産がデベロップメント・アドバイザーとして開発した物流施設「Landport厚木金田」が、竣工したと発表した。

<Landport厚木金田>
Landport厚木金田

<外観>
外観

外観

<免震構造>
免震構造

Landport厚木金田は敷地面積約17,900㎡、地上4階建て、延床面積約38,900㎡のマルチテナント型物流施設。免震構造、全館LED照明、屋上への太陽光パネル設置を採用している。

東名厚木ICより約5km、圏央道圏央厚木ICより約2.2kmと高速道路のアクセスに優れ、首都圏と関西・東海地方をつなぐ拠点として優れた立地条件を有している。

工業専用地域に位置し、24時間稼働可能で、最寄りのバス停より徒歩6分と物流機能と良好な雇用環境を兼ね備えた物流施設として高く評価され、当施設は竣工時よりテナント満床稼働でスタートした。

なお、首都圏で4棟を建設・計画中のほか、首都圏外で初となる大阪府・愛知県にも用地を取得しており、Landportリーズの拡大を図っている。

■Landport厚木金田施設概要
所在地:神奈川県厚木市金田1095
交通:東名高速道路厚木IC約5km、首都圏中央連絡自動車道圏央厚木IC約2.2km
敷地面積:17,943.43㎡
延床面積:38,948.49㎡
構造・規模:鉄骨造・免震構造・地上4階建(1・3階トラックバース設置)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集