井関農機/90億円投じ、中国湖北省襄陽市に新工場建設

2015年07月14日 

井関農機は7月13日、関連会社の東風井関農業機械が中国湖北省襄陽市に新工場を建設すると発表した。

<新工場の外観イメージ>
新工場の外観イメージ

中国国内には2か所の工場があり、常州工場では、乗用田植機と自脱型コンバインを主に生産、襄陽工場では、歩行田植機と汎用コンバインを主に生産している。

今後、中国事業の拡大に向けて、新たに投入するトラクタの生産を始めとして、現在生産している歩行田植機と汎用コンバインでは、中国国内での販売台数の増加に加え、アジア諸国への輸出による生産数量の増加が見込まれる。

さらには、農業の機械化と共に、多様なニーズに対応するため、ラインナップの拡大が必要となることが見込まれることから、襄陽工場の生産機種の拡充と生産数量の拡大を図るため、約90億円の投資により、新工場を建設し対応する。

■新工場概要
工場名:東風井関農機機械 襄陽工場
所在地:湖北省襄陽市襄州区
稼働時期:2016年11月(予定)
生産品目:歩行田植機、汎用コンバイン、トラクタほか
生産能力:約5万台/年
投資額:約90億円
敷地面積:約38万m2
建物面積:約9万6000m2

最新ニュース

物流用語集