LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NEXCO東日本/常磐道全線開通後、13件の企業立地が決定

2015年07月17日/調査・統計

東日本高速道路(NEXCO東日本)は7月17日、常磐道全線開通後の交通状況とストック効果を発表した。

<常磐道の全線開通前後の交通状況>
20150717nexcoeast - NEXCO東日本/常磐道全線開通後、13件の企業立地が決定

開通3ヶ月の交通量は、開通直後以降も堅調に推移し、暫定2車線区間(いわき中央~岩沼)の交通量は、7900台~1万9100台となった。

ストック効果では、山元~亘理間が開通した2009年以降149件の工場が立地、全線開通以降新たに13件の企業立地が決定した。

また、山元町のいちご農園は来客数が昨年の2倍となった。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース