トッパン・フォームズ/生乳の検査用サンプル保冷輸送システム開発

2015年08月04日 

トッパン・フォームズは8月4日、北海道酪農検定検査協会に、生乳の細菌・成分検査用サンプル保冷輸送システムを納入したと発表した。

<メカクールの色の変化>
20150804toppanf 500x156 - トッパン・フォームズ/生乳の検査用サンプル保冷輸送システム開発

同社が独自に開発した高機能保冷剤「メカクール」と保冷ボックスを組み合わせ、ボックス内を一定の温度帯に長時間保てることが特長。

使用する保冷ボックスは北海道酪農検定検査協会が独自に製作した専用の検体用ラックが収まるようカスタマイズし、1つの保冷ボックスに検査用サンプルを効率よく収納できるよう工夫した。

道内各地から検査用サンプルを宅配の常温便を使って効率的に検査施設へ集めることができ、冷蔵便を使用する場合に比べて輸送コストの低減につながった。

-15℃から35℃まで、冬と夏で大幅に異なる道内の外気温に対しても、同一の保冷輸送システムで年間通しての運用(保冷剤の使用枚数を変えて対応)が可能。

さらに作業者の運用ミスを防止するため、「メカクール」が融解時に紫色、凍結時はその補色の黄色になる「見える化」で融解と凍結を明確に区別できる点も高く評価された。

トッパンフォームズでは、今回の納入をきっかけに生乳の細菌・成分検査を行っている他の検査機関へ保冷輸送システムの拡販を図っていく。また「メカクール」を含む定温輸送ソリューション全体で、2015年度に10億円の売上を目指す。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集