JAXA/「こうのとり」5号機に緊急物資を搭載

2015年08月07日 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8月6日、宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)に緊急で搭載することになったNASAの物資が「こうのとり」5号機を打ち上げる種子島まで7月29日に空輸されたと発表した。

<緊急物資を取り出す様子>
20150807jaxa1 500x334 - JAXA/「こうのとり」5号機に緊急物資を搭載

<取り出されたNASAの物資>
20150807jaxa2 500x334 - JAXA/「こうのとり」5号機に緊急物資を搭載

<種子島に到着したNASAの輸送機>
20150807jaxa3 500x281 - JAXA/「こうのとり」5号機に緊急物資を搭載

<取り出された物資を運びだす様子>
20150807jaxa4 500x281 - JAXA/「こうのとり」5号機に緊急物資を搭載

「こうのとり」は初号機以降、物資搭載方法の効率化を常に行っており、このようなレイトアクセスと呼ばれる最終積込み物資の可能量を増やしている。

通常は、打上げの約4か月前に物資の積込みを行うが、この速達サービスでは打上げ10日前~80時間前まで積込みが可能。レイトアクセスの対応が可能な荷物の量とサイズは世界の補給船の中で最大。

運ばれてきた物資は、国際宇宙ステーション(ISS)の水再生システムの交換部品(フィルタやポンプ)の緊急物資のほか、軌道上の宇宙飛行士が使用する生活用品など約210kg。

今回も、決まっていた物資の搭載計画を細かく検討し、搭載の仕方をさらに工夫して、NASAの緊急要請に日本の緻密な技術で応えたという。

なお、「こうのとり」5号機の打上げは8月16日22時01分頃の予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集