ヒューテックノオリン/4~6月の売上高5.2%増、営業利益12.8%増

2015年08月10日 

ヒューテックノオリンが8月10日に発表した2016年3月期第1四半期決算によると、売上高102億7900万円(前年同期比5.2%増)、営業利益4億2600万円(12.8%増)、経常利益4億2400万円(9.6%増)、当期利益2億2300万円(1.1%減)となった。

DC事業(保管在庫型物流事業)の売上高は首都圏を中心とした取扱物量の増加や、一部寄託者との受託料金改定などにより、75億2400万円(4.1%増)となった。営業利益は、売上高の増加や軽油単価の下落などにより、8億4100万円(10.8%増)となった。

TC事業(通過型センター事業)の売上高は取扱物量の増加により25億500万円(10.7%増)となった。営業利益は、売上高の増加が奏功したことなどにより1億9600万円(57.4%増)となった。

通期は、売上高407億円(1.2%増)、営業利益14億円(17.7%減)、経常利益16億円(3.9%減)、当期利益10億円(18.5%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集