LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アマゾン/定温倉庫稼働で、ワインの定温管理・保冷配送サービス開始

2015年08月18日/物流施設

アマゾンは8月18日、直販するすべてのワインを一定の温度帯で保管管理する定温倉庫を稼働し、配送においても温度管理する「保冷お届けサービス」も同時に開始したと発表した。

定温管理は、20度を目安とした一定の温度帯でワインを保管管理と出荷梱包し、ワインの味わいや品質を保つことが可能となる。

特に、高価なワインに関しては、定温倉庫内のワインセラーで温度17度、湿度70%の環境で、さらに徹底した管理を施している。

保冷お届けサービスは、定温倉庫から出荷されたワインを、引き続き温度管理した状態で、指定の届け先まで輸送するサービス。

高温下での輸送はワインの品質に影響を与える可能性があり、「保冷お届けサービス」は有料オプションサービス(1回あたり300円、税込)ではあるが、5~9月にかけての夏季はサービスの利用を推奨する。

定温管理と保冷お届けサービスにより、デイリーワインを含めたすべてのアマゾン取扱いワインを、倉庫から自宅まで徹底した温度管理のもと、高品質な保管・発送を実現する。

加えて、温度管理が可能となった環境を活かして、ファインワインの幅広い品揃えや、高価格帯のワインのワインセラーでの厳格な品質管理・保存熟成といった、顧客にさらなる価値を提供できるセレクションの拡大を目指す。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース