郵船ロジスティクス/農産物の海上CA輸送技術を販売開始

郵船ロジスティクスは11月12日、リーファーコンテナのCA(Controlled Atmosphere)化技術「Maxtend」で、輸送サービスの提供を開始すると発表した。

<コンテナへの窒素ガス充填作業>
20151112yusenl1 500x375 - 郵船ロジスティクス/農産物の海上CA輸送技術を販売開始

<コンテナに設置されたMaxtend コントローラー>
20151112yusenl2 500x368 - 郵船ロジスティクス/農産物の海上CA輸送技術を販売開始

<コントローラー>
20151112yusenl3 500x375 - 郵船ロジスティクス/農産物の海上CA輸送技術を販売開始

<Maxtend で輸送した桃をシンガポールで販売>
20151112yusenl4 500x334 - 郵船ロジスティクス/農産物の海上CA輸送技術を販売開始

Maxtendを開発したオーストラリア三菱商事と契約を締結し、郵船ロジスティクスは同技術によるCA輸送サービスを提供できる日本で唯一の物流企業となる。

リーファー輸送より高い鮮度保持品質で、航空輸送より低コストな輸送手段としてCA輸送市場を創出し、日本産農産物の輸出促進を図る。

7月、群馬県の青果物卸売販売の藤生が農産物を日本からシンガポールに出荷した際に日本で初めてMaxtendを使用し、高い鮮度保持効果を確認した。

輸送日数は17日間、約30品目の農産物を輸出し、品質面ではリーファーコンテナの輸送と比べて大幅に改善されるとともに、輸送コストは航空輸送に比べ半減した。

新サービスは東京港、横浜港発で提供を開始し、今後は日本各地の主要港でのサービス展開を視野に入れている。

サービスの提供により、従来海上輸送ができなかった品目や航路の輸送需要に対応。また、輸送コスト削減による輸出農産物の価格競争力の強化と輸送品質の向上を図り、日本産農産物のCA輸送市場を創出する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集