日通/日通体操で東京都スポーツ推進企業に認定

2015年12月24日 

日本通運は12月24日、2015年度東京都スポーツ推進企業に認定されたと発表した。

<認定ステッカー>
20151224nittsu - 日通/日通体操で東京都スポーツ推進企業に認定

東京都スポーツ推進企業は、東京都が社員のスポーツ活動の推進やスポーツ分野での社会貢献活動を実施している企業を認定するもので、独自の「日通体操」を全職場で実施していること等が評価されたもの。

日通体操は、従業員の健康保持、作業安全、事務能率の向上を図るために制定されたもので、60年にわたり全国の職場で実施されている。

港区の本社ビルに併設されている武道場(柔道場・剣道場・相撲場)を企業や自治体、大学などの各団体からの利用要請により積極的に提供し、地域のスポーツ振興、文化交流に協力している。

硬式野球部が本拠地を置いているさいたま市やキャンプ地の宮古島市での野球教室への協力や遠征先での少年野球チームへの野球教室の企画、運営を通じて、地域のスポーツ振興に協力している。

なお、東京都スポーツ推進企業とは社員の「する」「見る」「支える」スポーツ活動の推進やスポーツ分野での社会活動を実施する企業を「東京都スポーツ推進企業」として認定するもので、今年度初めて創設され、102社が認定された。

認定された企業は、認定ステッカーが交付され、東京都スポーツ推進企業であることをPRできる。認定企業のうち特に社会的な波及効果の大きい取組をしている企業がモデル企業として10社程度表彰される予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集