川崎汽船/コロナシリーズ石炭専用船竣工

2016年01月14日 

川崎汽船は1月13日、今治造船丸亀事業本部で8万8000トン型石炭船「CORONA UTILITY」が竣工したと発表した。

同社のポスト・パナマックス「コロナシリーズ」は、電力炭輸送に最適な幅広浅喫水の石炭専用船。

「CORONA UTILITY」はCSR(Common Structural Rules)やNOx2次規制といった新規則に対応しつつ、船型改良・低摩擦塗料採用・電子制御主機関採用等により燃費を改善した最新鋭船であり、就航により同シリーズ船隊は19隻体制となる。

■要目
全長:229.98m
型幅:38.00m
型深:19.90m
満載喫水:13.904m
載貨重量トン数:8万8847MT
総トン数:4万9721t

最新ニュース

物流用語集