名鉄運輸/4~12月の売上高0.4%増、営業利益50.2%増

2016年02月08日 

名鉄運輸が2月8日に発表した2016年3月期第3四半期決算によると、売上高690億1800万円(前年同期比0.4%増)、営業利益32億9800万円(50.2%増)、経常利益33億8800万円(50.4%増)、当期利益20億9600万円(45.7%増)となった。

貨物自動車運送事業では、貨物取扱量は前年を僅かに下回ったが、継続して行った適正運賃収受の交渉に加え積極的な提案営業により、新規荷主を獲得し事業拡大を図るなど、売上高は前年同期比0.9%増の616億5800万円となった。

売上総利益は、原油安による燃料費の減少もあり、前年同期比34.1%増の54億9900万円となった。

通期は、売上高920億円(1.3%増)、営業利益33億円(17.3%増)、経常利益34億円(17.9%増)、当期利益32億円(77.1%増)の見通し。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集