東芝/3600億円投じ、四日市工場の隣接地に新製造棟を建設

2016年03月17日 

東芝は3月17日、三重県四日市市の四日市工場に隣接する土地に、新たな製造棟を建設する計画と生産設備への投資計画について、発表した。

3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASHTM」の生産拡大を目的としている。

四日市工場では、3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASHTM」の製造にあたり、2次元NAND型フラッシュメモリと共通の既存の製造工程を効率的に活用するため、これらの工程に3次元化にあたっての専用工程を組み合わせる予定。

同工場において、3次元専用工程のための製造棟として、新第2製造棟(建屋全体の竣工は2016年度前半を予定)を建設しているが、将来の需要拡大に対応するためには、新第2製造棟とは別に、新たに3次元専用工程の製造棟を建設する必要がある。

新たな製造棟の建設計画と生産設備への投資計画はそのためのもの。これらの計画にかかる費用は、2016年度以降3年間を目途に約3600億円を見込んでいる。

実際の建設時期、生産能力、生産設備への投資など詳細な計画は、市場動向を踏まえ、今年度中に決定する予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集