浜松いなさJCT~豊田東JCT/開通1か月、所要時間が短縮

2016年03月25日 

中日本高速道路(NEXCO中日本)、国土交通省中部地方整備局、愛知県・浜松市・岡崎市・豊川市・豊田市・新城市は3月25日、新東名高速道路(愛知県区間)の浜松いなさJCTから豊田東JCTまでの延長約55kmの開通1か月後のストック効果について公表した。

<周辺高速道路の断面交通量の変化>
周辺高速道路の断面交通量の変化

企業活動支援では、新東名高速道路(浜松いなさJCT~豊田東JCT間)は安定した所要時間で通行可能。

並行する東名高速道路(三ヶ日JCT~豊田JCT間)は、渋滞等による所要時間のバラツキが約10分減少し、所要時間が安定するようになった。

「輸送便の繋ぎも良くなった」「安定した運行管理ができるようになった」など企業活動を支援する効果となっている。

愛知県名古屋市の輸送業B社の声では「新東名は、所要時間も安定しているため、ドライバーの運行時間の管理がしやすくなり、助かっている」。

三重県桑名市の輸送業A社の声では、「開通前は夕方の渋滞により、所要時間にバラツキがあった。開通後は、時間帯に関わらず、安定した運行ができ、便の繋ぎも良くなり、労務管理もしやすくなった」、「所要時間は、最大30分程度短縮し、ドライバーもゆとりをもって運転することが可能になった」とストック効果を挙げている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集