常石造船/8万1600トンバルカーの進水式、6月13日にライブ中継

2016年06月08日 

常石造船は6月13日、8万1600トンバルカーの進水式を午後4時30分からライブ中継する。

進水する船は、常石造船が開発したカムサマックスバルクキャリア(D/W8万1600mt型バルクキャリア)でありTESSシリーズに並ぶ主力商品。

“カムサマックス”という呼称はボーキサイトの主要積出港であるアフリカ西岸ギニアのカムサール港に入港可能な最大船長を有していることから命名した。

7つの貨物倉を有しており、各貨物倉の倉口にはサイドローリングタイプのハッチカバーを装備している。

倉口サイズを極力大きくすることにより荷役効率向上を図っている。貨物は穀類、石炭及び鉄鉱石が積載可能であり、鉄鉱石のような高比重貨物はNo.1,3,5,7カーゴホールドに隔倉毎に積載可能となっている。

また、この船は船尾に省エネ装置であるMT-FASTを取り付け、電子制御エンジン採用により燃料消費量の低減、燃料タンクをダブルハル化、バラスト水処理装置の搭載など環境への配慮を図っている。

■常石造船常石工場の進水式ライブ中継(6月13日午後4時30分から)
http://www.ustream.tv/channel/Tsuneishi

■進水する船の概要
全長×船幅×深さ:約229m×32.26m×20.00m
載荷重量トン数:約8万1600mt 
総トン数:約4万3400gt
主機:MAN-B&W 6S60ME-C8.2
航海速力:約14.5knots
船種:バルクキャリア
馬力:9660kW

最新ニュース

物流用語集