サンスター/生・販・在の可視化による戦略的在庫実現で講演

シーアールイー(CRE)は7月22日、サンスターの「生・販・在の可視化による戦略的在庫計画の実現」をテーマにセミナーを開催する。

サンスターグループ 経営本部の荒木協和理事が、独自に開発したPSI可視化システムを活用し、スピーディーな実態把握と戦略的な在庫計画運営により、40%の在庫削減と欠品の低減を実現した事例を報告する。

■開催概要
日時:7月22日(金)(受付14:30~)15:00~16:40
会場:虎ノ門ツインビルディング西棟地下1階
   東京都港区虎ノ門2-10-1
参加対象者:荷主企業、物流会社
参加費:無料
定員:70名限定(定員数を超えた場合、申し込み期限前でも終了する場合がある)
申込期限:7月20日(水)18:00

■詳細・申し込み
https://www.logi-square.com/sh/c9fc729e2d

■講師紹介
サンスター グループ
経営本部 理事 荒木 協和 氏
物流会社経営を経て、1994年サンスターグループに入社。以後、中間流通物流企画、メーカーの生産物流改革、販売物流企画などを担当。2007年に物流・需給調整・受注・回収管理を統合したSCM部門を新設し、グループのサプライチェーンを担当する。

2009年に在庫適正化を目的とした、在庫可視化システムP.S.I.V.を日立ソリューション東日本社と共同で開発。4つの特許を取得し、在庫の40%削減を推進する。また2012年、日本を含むアジア統括の受注センターをバンコクに立ち上げ、グローバルな観点でのSCM最適化を進めている。

物流会社経営経験による業界事情の把握と、消費財メーカーのロジスティクス知識を複合し、現状に適した構造改革を目指している。

■問合せ
シーアールイー 
マーケティング部
担当: 山賀(ヤマガ)
TEL:03-5572-6604

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集