センコー/全国の道路を歩いてタスキをつなぐウォークリレー、湖東にゴール

2016年07月05日 
関連キーワード:

センコーは7月4日、創業100周年行事の”キズナ”ウォークリレーが滋賀県東近江市の同社物流・交通安全研修施設「クレフィール湖東」に7月3日ゴールしたと発表した。

<集合写真>
20160705senko1 500x333 - センコー/全国の道路を歩いてタスキをつなぐウォークリレー、湖東にゴール

<タスキ手渡し>
20160705senko2 500x333 - センコー/全国の道路を歩いてタスキをつなぐウォークリレー、湖東にゴール

<新入社員にタスキを手渡し>
20160705senko3 500x333 - センコー/全国の道路を歩いてタスキをつなぐウォークリレー、湖東にゴール

ウォークリレーは、物流事業者として日頃お世話になっている道路に感謝し、グループの各社、支店、営業所の社員が全国の道路を歩いてタスキをつなぐもの。

昨年7月11日に熊本県水俣市のセンコーの創業の碑をスタートし、札幌、新潟、千葉、富山、三重、奈良、南大阪、水俣、鹿児島から9本のタスキが「クレフィール湖東」を目指した。

グループ社員が10人程度でチームを編成。合計198チームがそれぞれ約15㎞を歩いてタスキをつないだ。

この1年間で歩いた社員は延べ2126人、総歩行距離は3005㎞。また、それをサポートしたスタッフは延べ335人だった。

ウォークリレーのアンカーを務めたのは30名。ゴールとなったクレフィール湖東では、当日、グループの新入社員合同歓迎式も行われており、役員や新入社員など計280名がアンカーを出迎えた。

ゴールイベントでは、1年間のウォークリレーを振り返るビデオを上映したほか、福田社長、藤森副社長、手塚副社長が新たな100年を担っていく新入社員にタスキを託した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集