ロジザード/中国に現地法人設立、営業開始

ロジザードは7月25日、中国・上海に現地法人を設立し、業務を開始したと発表した。

<新会社のロゴ>
20160725lojizard - ロジザード/中国に現地法人設立、営業開始

竜騎士(ロジザード)(上海)を設立し、主に「e倉管」の代理店として日本語での対応が必要な日系企業の方に対して、導入運用コンサルティング・要件定義支援・導入作業・運用サポートを提供する。

日系企業では、現地法人を通じてサービスを導入することで安心なサービスを中国国内でも使うことが可能となる。

WMSにとどまらずこれまで築いた上海企業の連携製品(ERP・POS・EC管理)の提案ほか、物流を必要とする企業には「e倉管」WMS利用の物流企業を仲介するなど、日系企業の中国展開の支援業務を積極的に行う。

なお、ロジザードは、2007年から中国での日系物流企業へWMSを提供している。2013年からは上海に連絡事務所を開設して運用サポートを行ってきた。

ロジザードZEROのOEM契約を締結している晟元信息が、ロジザードZEROの中国向けブランド「e倉管」のサービス提供を開始したことから、同サービスの導入・運用及びコンサルティングサービスを法人を設立し業務を開始するもの。

中国では、インターネットを使用するビジネスを開始することはロジザードのような外国企業には当局から許可を取ることが極めて困難であったため、ロジザードの倉庫管理サービスの特徴の一つであるクラウド型ではなく、サーバー等の設備をそれぞれの倉庫内のLANへ収容する方法でのサービス提供となっていた。

このため、日本での提供料金よりも高額となりがちで、また導入期間も長くかかっていた。

OEMにより中国企業のサービス「e倉管」となったことで、ロジザードのWMSがようやく中国でもクラウドサービスとしての形態で使えるようになった。サーバー等の機器を必要とせず、日本と同じサービスメニュー体系で利用ができ、ハンディターミナルのレンタルでの提供も可能。加えて人民元(RMB)での決裁が可能となり取引コストも軽減される。

■中国法人の概要
社名:竜騎士(ロジザード)(上海)
所在地:中華人民共和国 上海市
設立:2016年3月
事業内容:サプライチェーンに関わるコンサルティング、システム・機器の販売
営業開始:2016年7月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集