LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

国交省/道の駅利用で、再配達削減

2016年10月13日/SCM・経営

  • 関連キーワード
  • EC

国土交通省は10月24日、埼玉県春日部市の道の駅「庄和」に再配達受取用の宅配ロッカーを設置し、地方部での再配達削減のスキームとしての可能性を検証する社会実験を開始する。

<概要図>
20161013kokkosyo 500x359 - 国交省/道の駅利用で、再配達削減

都心部の鉄道駅等で設置が進みつつある再配達用の宅配ロッカーについて、地域の拠点である道の駅に設置し、地方部での再配達削減のスキームとしての可能性を検証する社会実験を官民連携で行う。

実験期間は2018年3月末まで。

検証項目は、再配達削減と労働時間削減への効果、再配達削減に有効な道の駅の適性。

トラックドライバー不足が進行する一方、Eコマースの進展に伴い、近年宅配便取扱個数が急速に増加している。

更に宅配便の約2割が再配達となっており、再配達の削減が重要な課題となっていた。

■道の駅「庄和」概要
所在地:埼玉県春日部市
路線名:国道4号(春日部古河BP)
年間利用者数:約63万人
情報提供施設の開館時間:8:00~18:00 (年中無休)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース