プロロジス/大田区の物流施設をリニューアル、快適な環境に

2017年01月16日 

プロロジスは1月16日、東京都大田区で運営中のマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク東京大田」の内外装リニューアル工事に着手したと発表した。

<「プロロジスパーク東京大田」に新設される共用棟 「O! cafe (オーカフェ)」>
「プロロジスパーク東京大田」に新設される共用棟 「O! cafe (オーカフェ)」

<明るく開放的なエントランス>
明るく開放的なエントランス

<洗面所には広いパウダースペースを設ける>
洗面所には広いパウダースペースを設ける

リニューアルは、庫内作業従事者やトラックドライバーなど、施設で働く人のために、より快適な就業環境を提供することが目的である。

リニューアルプランの策定にあたっては、「プロロジスパーク東京大田」の入居カスタマーや施設で働く人へのアンケートを参考にした。

工事内容には、施設で働く人のための共用棟「O! cafe(オーカフェ)」の新設や、外壁、エントランス、洗面所のリニューアルなどが含まれる。

新設する「O! cafe」には、休憩スペース、喫煙所、飲料・食品の自動販売機コーナーなどを備える計画。働く人の憩いの場となるよう、Wi-Fiや無線LANや有線放送(BGM)を導入するほか、天気予報やニュース速報を表示できるデジタルサイネージを設置する。

「O! cafe」の名称は、太田の「O」、円柱形「O! cafe」の形を表す「O」、集うことで発見がある「OH!」を意味する。

外壁のリニューアルでは、隣接する野球場をはじめ周囲の景観と調和する色使い・デザインとし、エントランスは明るく開放的な空間とする。女性用の洗面所には、広いパウダースペースを設けるなど、女性の声を取り入れ使いやすい設計とした。

設備面では、LED照明の導入、セキュリティシステムの強化や、非常用電源、断水時にもトイレを使用できるように水を供給できる設備などを予定し、非常時に入居企業の事業継続をサポートする。

工事期間中も、入居カスタマーは通常通りの創業が続けられるよう計画されており、2017年12月にすべての工事が完了する予定。

プロロジスパーク東京大田は、東京都大田区に2005年に竣工した。立地は、羽田空港から約7.2㎞、首都高速湾岸線の大井南ICから約300mと近く、東京港、川崎港、横浜港へのアクセスも良い。

東京、川崎、横浜の大量消費地へのアクセス利便性に優れた都市型の先進的物流施設としている。

■概要
名称:プロロジスパーク東京大田
所在地:東京都大田区東海
敷地面積:約1万9500m2
延床面積:約9万7200m2
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、地上7階建
竣工:2005年9月

最新ニュース

物流用語集