LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船/3月期は当期損失1394億円

2017年04月28日/決算

  • 関連キーワード
  • 損失

川崎汽船が4月28日に発表した2017年3月期の業績は、売上高1兆301億9100万円(前年同期比17.2%減)、営業損失460億3700万円(前年同期は94億27000万円の営業利益)、経常損失523億8800万円(前年同期は33億3800万円の経常利益)、親会社株主に帰属する当期損失1394億7800万円(前年同期は514億9900万円の当期損失)となった。

全般的な運賃市況は2016年初めの歴史的な低水準から緩やかな回復を見せた。コンテナ船では、下半期に入り東西航路を中心として荷況が改善傾向に転じたが、期初の運賃市況低迷による影響で、前期比で損失が拡大した。

ドライバルク船も、年初の歴史的低水準の市況を脱し回復基調に転じたが、船腹需給ギャップは改
善途上で、市況は上値の重い状況が続いた。

当期純損失は、事業再編に伴う損失引当てと固定資産の減損損失などを計上したため、大幅な損失となった。

次期は、売上高1兆1300億円(9.7%増)、営業利益240億円、経常利益210億円、親会社株主に帰属する当期純利益210億円を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース