極東開発/フォワード、レンジャー等をリコール、対象台数1049台

2017年07月20日 

極東開発工業は7月20日、国土交通省にフォワードやレンジャー等のリコールを届け出た。

不具合の部分はボデー(積込装置サイドカバー)。

塵芥車の積込装置側面の開閉式のサイドカバーにおいて、ロアカバーとアッパカバーの固定方法が不適切なため、走行中の走行風等によりロアカバー上部の固定が外れることがある。

そのままの状態で走行を続けると、最悪の場合、ロアカバーが破損・脱落して、他の交通の妨げになるおそれがある。

全車両、ロアカバーとアッパカバーを固定するパチン錠を2箇所追加する。(左右両面共に同様)なお、ロアカバーの亀裂・破損等の有無を確認し、亀裂・破損等が確認された場合はロアカバーを補修又は交換する。

リコール対象車の台数は計1049台。不具合の件数は2件、事故はなし。

■型式等は下記URLを参照。
http://www.mlit.go.jp/common/001194105.pdf

最新ニュース

物流用語集