パイオニア/クラウド型運行管理サービス、Salesforceと連携

2017年09月26日 

パイオニアは9月26日、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」が、ランドコンピュータがSalesforce上で提供するサービスと連携し、同社のサービスから「ビークルアシスト」の機能と対応車載機器を利用できるようになったと発表した。

<パイオニアのクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」>
20170926pioneer 500x171 - パイオニア/クラウド型運行管理サービス、Salesforceと連携

ランドコンピュータは、世界的なクラウドプラットフォームSalesforce上で、数多くの顧客関係管理(CRM)サービスや営業支援システム(SFA)を企業向けに提供している。

「ビークルアシスト」のWeb APIをSalesforceで利用できるようにすることで、同社のサービスと「ビークルアシスト」を連携させて車両情報を活用した日報作成や安全運転管理、目的地の指示やメッセージ送信が可能になるなど、提供サービスの機能がさらに高まる。

ランドコンピュータは、「ビークルアシスト」との連携サービスの提供を、本年度中に開始する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集