LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

パイオニア/商用車ルーティングサービスのAPI提供を開始

2022年11月16日/IT・機器

パイオニアは11月16日、モビリティAIプラットフォーム「Piomatix」の新サービスとして、商用車の運行ルートを最適化して物流DXやタクシー配車DXを支援する「Piomatix LBS API」の提供を開始したと発表した。

<Piomatix LBS API概要>
20221116pioneer 520x415 - パイオニア/商用車ルーティングサービスのAPI提供を開始

「Piomatix LBS(Location Based Service)API」は、パイオニアが保有するルーティングテクノロジーや位置情報サービスをWeb-API経由で利用できるサービス。今回、第1弾として、出発地から目的地までの最適なルートを算出する「ルート探索API」、最大200地点までの最適な巡回順序を算出する「巡回最適化API」、複数地点間の運行距離や所要時間を高精度に算出する「ルートマトリクスAPI」の3種類のAPIを提供開始した。

同APIは、「Piomatix LBS API」は、日本の道路環境や利用状況に応じて最適化された独自のルーティングテクノロジー(特許保有)によって、右左折の頻度、Uターン回避、車両の横付けのしやすさ、大型車の交通規制などの走行制約まで考慮した実用性の高いルート探索が可能。

また、全国の主要道路をカバーするVICS渋滞情報にパイオニア独自のプローブ情報を組み合わせた膨大な道路カバレッジをもとに渋滞回避ルートを提供。ルート上の信号有無や信号の待ち時間まで考慮し、実際の所要時間や到着時間に近い精度(97.2%)で予測できる。

これにより、トラックやタクシーなどの実用的な運行計画の立案が可能となり、定時運行や輸配送品質の大幅な向上を実現する。また、パイオニアのルーティングエンジニアがパラメータをチューニングする「プロフェッショナルサービス」(オプション)を活用することで、これまでのルーティングAPIサービスでは対応できなかった、業種/業態特有の制約事項まで考慮したカスタムルート設計もスピーディーに構築できる。

APIは今後、順次拡張する予定。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース