セイノーHD/インドネシアでコールドチェーン輸送開始

2017年10月18日 

セイノーホールディングスは10月18日、インドネシア共和国の現地法人PT. SEINO INDOMOBIL LOGISTICS(SIL)が、同国内での冷凍食品の輸送を10月下旬より開始すると発表した。

<コールドチェーン輸送の専用車を開発>
コールドチェーン輸送の専用車を開発

取り組みは、セイノー輸送グループでコールドチェーンの輸送を手掛ける関東運輸の持つ冷凍冷蔵輸送のノウハウを使い、セイノーホールディングスのオープンイノベーション推進室が現地指導面のサポートを行う形で、昨年7月から準備し、その間に、現地事情に合わせた専用車の共同開発も行ってきた。

9月13日よりテスト輸送を開始し、10月下旬の本番稼働に向けた運用を進めていく。

当初は6台でサリムグループの食品工場から同グループの冷凍食品を、大消費地のジャカルタとその周辺地区の冷凍保管施設まで片道約100kmの輸送を行い、年内には20台の運用体制に拡大する計画。

インドネシアでは経済発展に伴い、食品分野での保冷輸送の需要も増加している。しかし日本では一般的な、出入荷口の開口部と車両の隙間を密閉するドックシェルター等を備えたコールドチェーン向けのインフラは、インドネシアではまだ一般的ではない。

セイノーが同国のサリムグループと連携して既存施設にも適合できる保冷車の開発と、関東運輸の持つ保冷輸送のノウハウを現地向けに見直し、SIL社が保冷車の運用を行うことで、冷凍食品の輸送が実現したもの。

SIL社では、この他にも日系の冷凍倉庫会社や食品会社のインドネシア国内配送のサポートも既に進めており、当面はジャワ島中心に輸送ネットワークの拡充を図っていくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集