LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

丸運/4~9月の売上高6.5%増、営業利益64.4%増

2017年10月25日/決算

丸運が10月25日に発表した2018年3月期の第2四半期決算は、売上高238億9900万円(前年同期比6.5%増)、営業利益3億5400万円(64.4%増)、経常利益4億1000万円(54.3%増)、当期利益2億4800万円(210.2%増)となった。

貨物輸送部門では、トラック貨物輸送と保管貨物で既存顧客との取引拡大が図れたこと、機工部門で重量品搬入据付業務の大口取引を獲得できたこと等により増収となった。

軽油価格の上昇分を一部運賃に転嫁できなかったことや関西地区での物流センター統廃合にともなう一時費用の発生等の影響により減益となった。

結果、売上高は119億3600万円(4.9%増)、経常利益は2億9700万円(3.2%減)となった。

石油輸送部門では、国内石油製品需要の減少影響等による輸送数量の減少はあったものの石油基地等の受託業務関係収入が増加したことで増収となり、経常損益も改善した。

結果、売上高は57億7000万円(1.5%増)となり、経常損益は800万円改善したものの2500万円の経常損失となった。

通期は、売上高486億円(3.1%増)、営業利益11億3800万円(29.2%増)、経常利益12億円(22.6%増)、当期利益7億8000万円(36.2%増)の見通し。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース