ヤフー/日本郵便と連携し匿名配送の提供開始

2017年11月28日 

ヤフーは11月28日、運営するインターネットオークション・フリマサービス「ヤフオク!」が、日本郵便と連携し、出品者・購入者ともにお互いの住所や名前などの情報を知らせずに商品を配送できる機能「匿名配送」を今日から開始したと発表した。

また同日より、落札した商品が満足できない場合のサポート制度「商品満足サポート」も提供する。

「匿名配送」を利用するためには、出品者と購入者がともに、宛名書き不要で配送状況の確認などができる便利な配送サービス「ゆうパック(おてがる版)」または「ゆうパケット(おてがる版)」を配送方法として選択する必要がある。

「匿名配送」は、さらなる利用者層の拡大を目指して、自分の住所などを公開することに懸念を持つ人でも、より安心して利用してもらうために導入したもの。

「商品満足サポート」は、落札した商品が “写真で想像していたサイズや色が実物と違った”、“傷、汚れがある”、“まったく違う商品が届いた”など満足できない場合に同社規定に基づき、落札金額の100%(上限1万円)をTポイントで支払う新たなサポート制度。

なお、「匿名配送」と「商品満足サポート」は、サービス開始時には「フリマ出品」の全カテゴリと「オークション出品」の一部カテゴリで先行提供する。来春には「オークション出品」の全カテゴリでも利用できる予定だ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集