三井倉庫HD/物流事業で機能統合

2017年12月25日 

三井倉庫ホールディングスは12月25日、MITSUI-SOKO INTERNATIONALが所管する海外を中心とした営業と管理の統括機能を2018年4月1日付で三井倉庫に集約・統合すると発表した。

<組織図>
組織図

2014年10月の持株会社化以降、国内と海外で機能を分けそれぞれで業容拡大に努めた結果、積極的な投資の効果もあり海外で一定の事業基盤を構築することができた。

次のステップとして、国内外一貫でソリューション営業を行っていく体制を強化するため、この統合を実施する。

統合により三井倉庫HDのグループ経営体制は、現在の6事業会社体制から5事業会社体制に変更となる。

MITSUI-SOKO INTERNATIONAL PTE LTD の傘下で主に国内の顧客の窓口業務を行っている三井倉庫インターナショナルジャパンも三井倉庫に統合する。

経済活動のグローバル化の更なる進展に伴い国内外一貫でのサプライチェーンの効率的な管理と運用の重要性が高まっている。

このような外部環境の中、グループは今まで以上に顧客へ幅広い物流サービスの提供・支援を行っていくことで、顧客から信頼されるファーストコールカンパニーを目指すとしている。

■各社の概要
会社名:MITSUI-SOKO INTERNATIONAL PTE LTD
本社所在地:No.2 Pioneer Sector Lane, Singapore
主な事業内容等:海外における営業と管理の統括
資本金 :2100万シンガポールドル
株主:三井倉庫ホールディングス100%

会社名:三井倉庫インターナショナルジャパン
本社所在地:東京都港区西新橋 3-20-1
主な事業内容等:輸出入フォワーディング
資本金 :4億円
株主:MITSUI-SOKO INTERNATIONAL PTE LTD100%

最新ニュース

物流用語集