JR貨物/地震で広範囲にわたる区間が不通、設備に被害

2018年06月18日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は6月18日14時現在、大阪の地震に伴う貨物列車への影響を発表した。

運転中止区間(貨物列車が運行を見合わせている区間)は、東海道・山陽線 米原~上郡、北陸線 米原~敦賀、湖西線 山科~近江塩津、梅田貨物線・大阪環状線・桜島線 吹田(タ)~安治川口、城東貨物・おおさか東線 吹田(タ)~百済(タ)、大阪タ線 吹田(タ)~大阪(タ)。

6月18日に運転中止区間を走行する予定の列車はすべて運休となる予定だ。これ以外の区間についても一部列車に運休が発生する場合があるとしている。

13時現在、大阪タ線と一部の駅・機関区等の設備に被害が発生している。詳細、復旧見込みについては現在調査中。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集