近鉄エクスプレス/3月期の売上高7.0%増、営業利益18.5%増

2019年05月10日 

近鉄エクスプレスが5月10日に発表した2019年3月期によると売上高は5920億900万円(前年同期比7.0%増)、営業利益207億9700万円(18.5%増)、経常利益199億3900万円(15.0%増)、親会社株主に帰属する当期利益98億5700万円(40.8%増)となった。

グループ全体の取扱物量については、航空貨物輸送は輸出重量で60万トン(3.6%増)、輸入件数で134万件(0.9%増)となり、海上貨物輸送は輸出容積で70万TEU(8.0%増)、輸入件数で28万7000件(3.4%増)となった。

日本全体の売上高は1456億6900万円(14.0%増)となったが、直接原価率が上昇したことやオペレーション体制強化にかかる費用の計上もあり、営業利益は57億7700万円(6.7%減)となった。

米州全体の売上高は615億3400万円(15.6%増)となったが、直接原価率が上昇したことが影響し、営業利益は33億9100万円(5.3%減)となった。

東アジア・オセアニアの売上高は1015億3100万円(5.6%増)となったが、直接原価率が上昇したことが影響し、営業利益は51億9300万円(7.8%減)となった。

次期は、売上高6200億円(4.7%増)、営業利益220億円(5.8%増)、経常利益213億円(6.8%増)、親会社株主に帰属する当期利益105億円(6.5%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集