日本GLP/新ブランド「ALFALINK」発表、第一弾は相模原

2019年11月25日 

日本GLPは11月25日、大規模面開発を通して新たな価値を提供する「創造連鎖する物流プラットフォーム」をコンセプトとして、新ブランド「ALFALINK」を発表した。

<「GLP ALFALINK 相模原」全5 棟完成イメージ>

20191125glp1 - 日本GLP/新ブランド「ALFALINK」発表、第一弾は相模原

<共用棟「リング」完成イメージ>

20191125glp2 - 日本GLP/新ブランド「ALFALINK」発表、第一弾は相模原

ブランドのコンセプト、ネーミング、ロゴデザインおよび建築・空間デザインディレクションはクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏によるもの。またその第一号物件として、神奈川県相模原市で先進的物流施設5棟を「GLP ALFALINK 相模原」として開発する。

総延床面積は約65万m2、総開発費用は約1400億円と、物流拠点として国内最大級の開発プロジェクト。

「ALFALINK」では、従来の物流施設での効率化・最適化を超えた、今までにない価値や事業を創造していく拠点となる施設づくりを目指している。「Open Hub」、「Integrated Chain」、「Shared Solution」をキーワードとし、今回開発する「GLP ALFALINK 相模原」では、このコンセプトに基づいた様々な設備、サービスを提供していくとしている。

コンセプトを体現する施設として、敷地中央のエリアには直径約90mの、環状にデザインされた共用施設「リング」を設ける。レストラン、コンビニ、カンファレンスルーム、託児所、ジムを備え、施設で働く方々に快適な環境を提供する。「リング」ではペデストリアンデッキで全棟をつなぐことにより、歩行者と車両を分離し快適で安全な移動を可能にするとともに、人々の交流、ビジネスの創出を促す。

また、「GLP ALFALINK 相模原」では地域との共生を図るため、緑地エリアなど施設を地域の人々にも開放するとともに、災害時の避難先、災害物資の配送拠点としての活用を計画している。

さらに、「GLP ALFALINK相模原」は、圏央道 「相模原愛川IC」より約4.3km、「相模原IC」より約7.1kmに位置し、関東エリアのゲートウェイ、関西、中部へアクセスできる交通の要衝であり物流拠点として最適な立地。また人口密集地にあることからも雇用確保にも有利な立地と言える。

相模原市は新東名の開通など交通インフラの拡大が見込まれ、産業集積地で新しい産業の創造が期待されている。

日本GLPの帖佐義之社長は、「『GLP ALFALINK 相模原』は今までの物流施設の枠を超えたコンセプトを持つ物流プラットフォーム。物流施設がコストセンターから、ビジネスの機会を創造するプロフィットセンターになることを目指す。『GLP ALFALINK 相模原』に続き、大規模面開発プロジェクトとして『ALFALINK』を全国で展開していく予定。日本GLP は革新的な物流ソリューションを提供しながら、地域に根差し、物流と社会の進化をもたら
す価値を提供する物流施設を創り出していく」と述べている。

■施設概要「GLP ALFALINK 相模原」
施設数:5棟
所在地:神奈川県相模原市中央区田名
敷地面積:約30万も2(プロジェクト全体)
延床面積:約65万m2(プロジェクト全体)

<「GLP ALFALINK 相模原」概要>

20191125glp3 - 日本GLP/新ブランド「ALFALINK」発表、第一弾は相模原

<「GLP ALFALINK 相模原」位置図>

20191125glp4 - 日本GLP/新ブランド「ALFALINK」発表、第一弾は相模原

<ALFALINK ロゴ>

20191125glp5 - 日本GLP/新ブランド「ALFALINK」発表、第一弾は相模原

なお、ALFALINKのロゴは、陸を表すライトグリーンと、海、空を表すライトブルーをモチーフに、陸・海・空をシームレスにつなぎ、物流に未来の「+α」を生み出していくALFALINK のコンセプト=「創造連鎖」を表現。シンボルマークのラインは、ALFALINK を起点に、ひとときも止まることなく生まれ、広がりつづける、新たな物×人×情報×価値の流れを表している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集